1903bukatu1.jpg

1903bukatu2.jpg

1903bukatu3.jpg

1903bukatu4.jpg

1903bukatu5.jpg

1903bukatu6.jpg

1903bukatu7.jpg

1903bukatu8.jpg

1903bukatu9.jpg

1903bukatu10.jpg

1903bukatu11.jpg

1903bukatu12.jpg

1903bukatu13.jpg

1903bukatu14.jpg

1903bukatu15.jpg

1903bukatu16.jpg

明智光秀の子孫、クリス・ペプラーさんが特別大使に就任
ネガティブな光秀のイメージ変えたい


「明智光秀が築いた城下町 福知山」特別大使に、明智光秀の子孫とされるタレントのクリス・ペプラーさん(61)が就任した。
大橋一夫市長が福知山城でペプラーさんに委嘱状を手渡し、「2020年の大河ドラマは市にとって絶好の機会。ペプラーさんの情報発信力を生かし、光秀の功績や知られざる側面を市内外の人に知ってもらい、福知山市の歴史や文化を全国発信し認知度を高めていきたい」などとコメント。ペプラーさんは「福知山は初めて訪れたが身近に感じ、素敵な土地だと思った。世間では光秀に対してネガティブなイメージがあるが、SNSを使った広報活動などで、イメージアップできるよう貢献したい」などと抱負を述べた。

記者会見には、官民で構成する「福知山光秀プロジェクト推進協議会」の福島慶太実行委員長も出席し、「明智光秀が築いた城下町 福知山」をキャッチフレーズに、オール福知山で観光客らの受け入れ体制を整備し、福知山でしかできない光秀体験を提供したいなどと今後の取り組みなどを発表。大河ドラマ館 福知山光秀ミュージアム(仮称)を市佐藤太清記念美術館2階に開設することも発表され、市民向けに光秀を知る連続講座や観光ガイド養成なども予定している。


テレビやラジオのパーソナリティとして活躍するペプラーさんは、幼い頃から母方の祖母から光秀の子孫だと聞かされており、2016年のテレビ番組で光秀の末裔とする内容が放映された。

福知山市はペプラーさんの大使就任について、意外性があり、市のブランドメッセージ「いがいと!福知山」に合っていることにも触れ「知られざる光秀像をPRしたい」と意気込んでいる。

★DSC_2826

★DSC_2896

★DSC_2918

★DSC_2971

★DSC_2987

★DSC_3032

★DSC_3077
福知山城の前で、「裏切らないよう頑張ります」と声を揃える大橋市長とペプラーさん

針への感謝と技術の向上

福知山市正明寺の福知山淑徳高校で「針供養」が行われた。
折れ、曲がり、錆びなどによって、使えなくなった縫い針などを供養する式で、同校の創立当初から続く伝統行事。生徒たちが授業で使った針や包丁などに感謝し、技術向上を誓った。

生徒代表者が式で供養文を読み、その後、使えなくなった針をこんにゃくに刺して、学校の敷地内にある針塚に奉納した。

DSCF3016.jpg

DSCF8259.jpg

DSCF8262.jpg

DSCF8266.jpg

泣き虫鬼、いじわる鬼をやっつけろ!

福知山市正明寺のさつき保育園(山口幸子園長)で節分行事が開かれた。
1~6歳の150人の園児がこの日のために作ったお面、金棒を持ちスタンバイ。鬼が各部屋に顔を出し、大暴れすると、最初は笑顔だった子どもも泣きだし、中には先生に抱きつく子も。園児たちは泣きながらも勇気を出して鬼を退治した。
豆まき後、ホールに集合すると、今度は可愛らしい鬼が登場。「心の中にいる泣き虫鬼やいじわる鬼、いやいや鬼を退治しましょう」とボール鬼が持つかごなどに投げ入れ、1年間元気に過ごせるよう誓った。

★IMG_8553

★IMG_8557

★IMG_8567

★IMG_8576

★IMG_8587

★IMG_8597

★IMG_8611

★IMG_8626

★IMG_8637

★IMG_8643

★IMG_8656

★IMG_8683

★IMG_8707

★IMG_8726

★IMG_8728

★IMG_8729

★IMG_8734

★IMG_8741

★IMG_8761

★IMG_8763

★IMG_8771

★IMG_8772

★IMG_8778

★IMG_8784

★IMG_8793

★IMG_8801

★IMG_8817

★IMG_8829

★IMG_8846

子鬼が豆まき みんなに福を授けます!

福知山市中ノの御霊神社(足立常秋宮司)で節分祭があり、地域住民らが福を授かりに訪れた。 午後7時から福知山御霊太鼓保存会が御霊太鼓を奉納。その後、清水啓太くん(昭和小4年)、清水祐花ちゃん(昭和小2年)、奈良井太郎くん(昭和小2年)が扮する子鬼トリオが音楽に合わせて登場。「鬼は外!福は内!」と声を張り上げながら、拝殿で豆まきをした。
4回目の子鬼役を演じた清水くんは「今回も楽しかった。いいことがありそうです」と話していた。

★DSC_9088

★DSC_9105

★DSC_9111

★DSC_9122

★DSC_9132

★DSC_9153

★DSC_9168

★DSC_9192

★DSC_9229

★DSC_9245

★DSC_9252



最新記事