イベント情報ページがカレンダー形式
もっと見やすくリニューアル!

下記アドレスから
新しくなったイベント情報をご覧いただけます。

https://lasanka.jimdofree.com/


ボウリングで盛り上がって、社会貢献

第33回 三恵観光社長杯 チャリティーボウリング大会が福知山市堀のサンケイボウルで開かれた。
毎年年末恒例の大会で、ストライクを出す度にプレイヤーが100円を募金。大会の収益の半分も合わせて、地域福祉の向上に役立てる「愛の寄金」に寄付している。

午前の部には市内の家族連れらを中心に、舞鶴、綾部市からも幅広い世代が参加。91人がそれぞれ高スコアを目指してプレイを楽しんだ。
家族7人で参加した同市前田の中島義暉さん(73)は「1歳の孫も一緒に、みんなでワイワイ盛り上がっています」と話していた。

★IMG_7639

★IMG_7315

★IMG_7362

★IMG_7421

★IMG_7450

★IMG_7478

★IMG_7483

★IMG_7492

★IMG_7500

★IMG_7515

★IMG_7526

★IMG_7536

★IMG_7568

★IMG_7611

★IMG_7615

★IMG_7624

★IMG_7632

1901bukatu1.jpg

1901bukatu2.jpg

1901bukatu3.jpg

1901bukatu4.jpg

1901bukatu5.jpg

1901bukatu6.jpg

1901bukatu7.jpg

1901bukatu8.jpg

1901bukatu9.jpg

1901bukatu10.jpg

1901bukatu11.jpg

1901bukatu12.jpg

1901bukatu13.jpg

1901bukatu14.jpg

1901bukatu15.jpg

1901bukatu16.jpg

1901bukatu17.jpg

1901bukatu18.jpg

1901bukatu19.jpg

1901bukatu20.jpg

1901bukatu21.jpg

1901bukatu22.jpg

1901bukatu23.jpg

1901bukatu24.jpg

1901bukatu25.jpg

1901bukatu26.jpg

1901bukatu27.jpg

1901bukatu28.jpg

Oh Happy day! 児童66人が歌声披露

小学生が主役の合唱コンサート「キッズコンサート2018」(オンリーワンプロジェクト実行委員会主催)が福知山市中ノの市厚生会館で開かれた。市内の児童66人が9月から練習を重ねてきた歌や演奏を大勢の来場客の前で披露した。

ポップスのヒットソングを中心に構成され、「ヤングマン YMCA」では、観客も一体となり手振りを合わせてヒートアップ。ソロパートがある曲では、伸びやかな歌声で会場を魅了した。
府立工業高校マンボウジャズバンドとのコラボ演奏やオリジナル曲「Oh Happy day!」もコンサートを盛り上げた。

後半にはアニソンシンガーとして活躍する石田耀子さんがゲストとして登場し、エネルギッシュなステージを展開。子どもたちが彼女のヒット曲をコラボ合唱した。

★IMG_6789

★IMG_6811

★IMG_6817

★IMG_6823

★IMG_6839

★IMG_6841

★IMG_6845

★IMG_6855

★IMG_6868

★IMG_6877

★IMG_6901

★IMG_6923

★IMG_6941

★IMG_6943

★IMG_6985

★IMG_6989

★IMG_7003

★IMG_7013

★IMG_7023

★IMG_7049

★IMG_7050

★IMG_7051

★IMG_7058

★IMG_7064

★IMG_7106

★IMG_7131

★IMG_7137

★IMG_7144

★IMG_7157

★IMG_7163

仕事も遊びも全力で!

社会福祉法人 空心福祉会 晴風(福知山市大内)でラサンカの「グルメ番長」コーナーでおなじみの中司容三さん(53)がスタッフ約30人の前で講演をした。

同法人は、毎年、人材育成を目的に、各界の“プロフェッショナル”を招き講演会を開いており、今回は、メディアで話題の市内の洋菓子店、パステルの「どんぶりプリン」の仕掛け人として、中司さんが登場。商品誕生までのエピソード、SNS発信後、瞬く間に話題になり人気商品になるまでの道のりなどについて述べた。
「豊谷健一さん(パステルオーナー)のように、妥協を許さない職人の腕とプライドを持ちながらもしっかりと周りに耳を傾けることのできる柔軟な姿勢が大切。仕事も遊びも全力で真剣にやるから面白くなっていく」などと熱く語った。

勤続9年目の荻野友里子さん(32)は「全力でやっていると、人に伝わるものがあると思った。楽したい気持ちもあるけど、講演を聞いて、仕事もプライベートも全力でやろうと思った」と感想を話した。


▼どんぶりプリンを紹介した2017年4月のブログ
http://lasanka.blog54.fc2.com/blog-entry-2876.html


★IMG_9397

★IMG_9388

★IMG_9381

★IMG_9371

★IMG_9382



最新記事