論語ライブ「ピーワンちゃんの寺子屋」
孔子の言葉を朗読劇で理解しよう


中国の思想家、孔子とその弟子の言葉を集めた「論語」を分かりやすく学ぶライブショーが、内記の市民会館で開かれた。HORI建築主催。

とっつきにくい「論語」を「ピーワンちゃんの寺子屋」という解説書に作り上げた樫野紀元さん(前橋工科大学大学院教授・建築社会学者)と演出家で女優の三輪えり花さんが歌や朗読劇を交えてライブで紹介。子どもから大人まで約100人が耳を傾けた。


論語とは2,500年間読み続けられた「徳」や「仁」の意義、政治、教育などの意見を述べており、日本には応神天皇の時代に、百済より伝来したと伝えられている。子どもは論語によって正しい判断ができるようになり、自立心が育つとされている。


「君子は坦として蕩蕩(とうとう)たり。小人は長(とこしなへ)に戚戚(せきせき)たり」

【意味】
尊敬される立派な人は、心静かに、うらおもてなく行動し、世を広く見渡して、ゆったり構えています。こせこせした、とるに足りない人は、いつも、小心で細かいことにも、くよくよ思いわずらっています


ピーワン1

ピーワン2

ピーワン3

ピーワン4

「シオミダンススクール」ダンスパーティー
リズムにのってタンゴやワルツ


前田の「シオミダンススクール」(塩見千秋代表)の11周年を祝うダンスパーティーが篠尾新町のサンプラザ万助で開かれた。

北部ダンスネットワーク所属のダンス教室の会員ら約120人が参加。指導者らがタンゴやワルツのデモンストレーションを披露し、会場を沸かせた。

福知山ダンス同好会で社交ダンスを楽しんでいるという堀の大槻ノリ子さん(63)と新庄の安田節子さん(54)は「ダンスは奥が深く、普段できないおしゃれをして踊るのも魅力のひとつ。足腰も丈夫になり、ダンス旅行での出会いや交流も楽しんでいます」と話していた。

ダンス9

ダンス1

ダンス3

ダンス5

ダンス8

ダンス11

100種1万株 観音寺のアジサイ見ごろ
京阪神から観光客続々と


「あじさい寺」として親しまれる観音寺(小籔実英住職)で、色とりどりのアジサイ約1万株が見ごろを迎え、観光客らの目を楽しませている。

あじさい祭りが開かれた27日は、京阪神や四国から観光バス16台が続々と到着。カメラを手に境内を散策する人たちでにぎわった。同寺によると、近年、関西一円の花の寺をめぐるツアーで訪れる観光客が増えているという。

見ごろは7月11日ごろまでで、同日まで拝観料(大人350円、中高生200円、小学生以下は無料)がいる。

0_20100628153526.jpg

1_20100628153526.jpg

2_20100628153525.jpg

3_20100628153525.jpg

4_20100628153524.jpg

成和中グリーンUPプロジェクト
一致団結アルミ缶約5万個回収 私たちの地球を守りたい


 熱帯雨林の植林に役立てることを目的に、福知山市新庄の成和中学校(337人)で6月15日~18日の4日間、アルミ缶回収活動「グリーンUPプロジェクト」があり、過去最多となる空き缶48,328個が集まった。
資源業者に売却した代金を苗木約750本の購入資金とし、近くNPOアジア植林友好協会を通じ、インドネシアに植林される予定だ。


1秒間に同校グラウンド1個分の森林が地球上から失われているという問題解決に少しでも役立ちたいと、生徒会が中心となり2年前から同プロジェクトを始め、今回で6回目。今年度は5月中旬から、生徒会役員が校内放送や各学級の集会などを利用し、「過去最多のアルミ缶を集めて、インドネシアに成和の森を広げよう」と啓発してきた。プロジェクト期間中は、生徒が自宅や近隣の商店などに依頼し集めたアルミ缶を登校時に持ち寄り、毎日、学級ごとに集計。各学級がその数を競い合うことで団結し、学校全体が盛り上がったことが目標達成につながったという。

生徒会長の古川智大君(3年)は、「『思いやりとけじめのある成和中』が生徒会のスローガン。多くのアルミ缶が集まったのを見て、成和中には思いやりが溢れていると感じました。エコ活動の一環で、現在、校内で緑のカーテン(ゴーヤ)育成にも取り組んでいます」とPR。他の生徒会メンバーも「地球温暖化を私たちが食い止めたい。成和中で集めたアルミ缶で買ったインドネシアの苗木が大きく育った姿をいつか見てみたい」と目を輝かせていた。

同校では10月にも同様の取り組みを予定してり、アルミ缶回収の協力を市民に呼びかけている。


生徒
生徒会役員のみなさん

CIMG2141.jpg

DSC_3557_20100624173747.jpg

DSC_3561.jpg

DSC_3573.jpg






地球のステージ
2010年7月17日(土)
●時間 開場12:30 開演13:00
●場所 夜久野ふれあいプラザ文化ホール 福知山市夜久野町
●チケット料金 大人1,000円 高校生以下500円
※公演費用の一部は、世界難民や被災地、
 貧困の中にある人々に対する非営利救援活動の資金にされます。
●主催 「地球のステージ」福知山実行委員会

出演 桑山 紀彦
20年間世界の紛争・貧困・災害の地で国際医療支援活動を続けている医師・
桑山紀彦さんが撮りためた映像と、出逢った人々の「輝き」をオリジナルの
音楽と語りで伝える、子どもも大人も楽しめる感動のライブステージです。

HPはこちら



最新記事