第15回庵我児童館文化祭
子どもも大人も元気よく舞台発表


福知山市猪崎の庵我児童館で恒例の文化祭が開かれた。地域住民ら約350人が訪れ、書道や花など展示作品を鑑賞したり、黒谷和紙を使ったかざぐるま作りなどを楽しんだ。

舞台発表では、同文化祭の実行委員会(本田千秋実行委員長)やコーラスグループ、消防団、少年野球チームの子どもたちらが練習を重ねたダンスや劇、歌を披露し、会場を盛り上げた。

中学1年の橋ゆりえさん(12)は「たくさんの友だちに会えるので、文化祭は毎年、来ています。かざぐるま作りは針金を曲げるのが難しかったけど、うまくできました」と話していた。

5_20101128174240.jpg
かざぐるま作りをする子ども

2_20101128174240.jpg
きれいにできました♪

7_20101128174311.jpg
「こうやって作ってね」

1_20101128174241.jpg
展示作品を見る人たち

8_20101128174311.jpg
ひまわり保育園による太鼓

9_20101128174311.jpg
シルバーコーラスのみなさんの歌

11_20101128174310.jpg
庵我消防団によるダンス(?)

15_20101128174320.jpg
庵我少年野球クラブによるオリジナル劇

14_20101128174310.jpg
主役のもも太郎「4日間、みんなで一生懸命練習しました」

12_20101128174310.jpg
実行委員会によるパフォーマンス

10_20101128180613.jpg
加藤館長による手品

3_20101128174240.jpg
「わた菓子おいしいよ」

4_20101128174240.jpg
カレーライスコーナー

6_20101128174239.jpg
「ラサンカに載せて~!」元気いっぱいの子どもたち

惇明&庵我&篠尾 第2回おやじ野球交流会
学童野球の保護者OBらが和気あいあいと草野球


 福知山市前田の前田スポーツセンターグラウンドで、学童野球を支えてきた保護者OBや卒団生らが交流試合を楽しんだ。

参加したのは、市野球協会にも登録している「惇明ホークス親爺倶楽部」、「庵我おやじ野球クラブ」、「篠尾倶楽部」の3チーム。参加チームの子どもらが同じ中央ブロックのチームに所属していたことから、昨年交流試合を企画。初心者も含め、とにかく野球が好き、というメンバーが集まり、高校生から60歳前後の約50人が、はつらつとしたプレーを見せた。

惇明ホークスのOBで会社員の四方俊雄さん(20)は「今日の試合のために、勤務先の滋賀県から4時間かけて帰省しました。高校時代は府立工業でベスト8まで行きました。和気あいあいと楽しめるのが草野球の醍醐味ですね」と話していた。

10_20101128165159.jpg

9_20101128165159.jpg

7_20101128165159.jpg

5_20101202194244.jpg

11_20101202194244.jpg

23.jpg

21.jpg

4_20101128165200.jpg

2_20101128165200.jpg

18.jpg

19.jpg

22.jpg

20.jpg

12_20101128165231.jpg

13_20101128165231.jpg

15.jpg

16.jpg

17.jpg

集合

東部少年野球振興会リレーマラソン大会
30周年にふさわしい好レースを展開


 30周年を迎えた福知山の東部少年野球振興会(小野喜年会長)が長田野公園一帯を会場に、恒例のリレーマラソン大会を開いた。同振興会に所属する10チームの選手、約230人が参加し、仲間たちや保護者らの大きな声援を受けながらタスキをつないだ。

A(6年生以下)、B(5年生以下)に分かれ、1人約1.8kmを7人で走る恒例のマラソンで、出場は計32チーム。Aでは、成仁ジュニアーズ、Bでは遷喬ジャガーズが1時間を切る好タイムで優勝した。

Bチーム(5年生以下の部)で3位に入った成仁ジュニアーズの4年、山内大輝君(10)は「みんなでがんばって、しんどかったけど2人抜けたのが良かった」とすがすがしい表情で話していた。

DSC_0008.jpg

★31

26.jpg

40.jpg

DSC_0166.jpg

★B優勝

DSC_0199.jpg

*1月号(12/23発行)学童野球のコーナーで特集予定です。

第20回の記念大会を迎えた福知山マラソンが23日、福知山市三段池公園をスタート・ゴールに同市大江町二箇下を折り返す42・195kmの日本陸連公認コースで開かれた。

多くのボランティアやスタッフ、観衆が見守る中、全国から集まった約9,000人のランナーが晩秋の福知山を駆け抜けた。




会場

開会3

開会2
オレンジリボンを受け取るゲストランナー、ワイナイナさんと森脇さん

体操2
準備体操中

スタート1
いよいよ号砲!

スタート5

★音無瀬橋-(11)
音無瀬橋付近を走るランナーたち

★音無瀬橋-(8)

★音無瀬橋-(14)

★音無瀬橋-(18)

★音無瀬橋-(19)

★音無瀬橋-(30)

★音無瀬橋-(59)

ゴール7


ゴール1

ゴール10

ゴール6

ゴール11

ボランティア12

ボランティア10

ボランティア6
福知山高校野球部ボランティアのみなさん
「スタート時の誘導や整理を担当しました。すがすがしい笑顔でゴールを切る選手たちを
見て、やっぱり福知山マラソンはいい大会だなぁと思いました。いつかは走ってみたい!」

ボランティア2
「お帰りなさい。水分補給してくださいね」

ボランティア17
「おつかれさまでした」完走者に記念Tシャツを渡すボランティア

ゴール15
山根恵美さん(47)記録:3:17:31 福知山市内の女子参加者で1位
「今年で(おそらく)連続13回目の出場。最後の坂がきつかったけど、3時間17分という
タイムが出て、上出来。来年も走ります!」

記録1
「今年初参加。走っている途中に知り合いました」

記録2
「みんながんばって走ったよ」

記録4
「ファンランペア3キロに参加しました。イエイ♪」

豚汁1
「大阪からの参加です」

DANCING STYLE in FUKUCHIYAMA
12月12日(日)

●時間 午後12時半(開場)1時(開演)
●会場 市厚生会館大ホール(中ノ)

DANCINGSTYLEinFUKUCHIYAMA.jpg

公募で集まった市内外のダンスチーム、約35団体が出演する他、
特別ゲストとして、元ダンスボーカルグループ「Zoo」のNAOYA氏が登場します。
若者たちのエネルギーを結集した「ダンスと光が織りなす交流舞台」。
ボンチフェスタ復活を見据え、新たに挑戦する町おこしフェスタです。

【チケット料金】一律1,000円(同金額にて当日券もあります)

●お問い合わせ 0773-23-8883(町おこしフェスタ実行委員会)



最新記事