観音寺で1万株のあじさい見ごろ

関西花の寺霊場第1番札所、観音寺(小籔実英住職)で、あじさいまつりが開かれた。
100種、1万株のあじさいが見ごろを迎え、大勢の参拝者が訪れた。

本堂では、東日本大震災犠牲者追悼花法要のあと、尺八とフルートの父娘デュエット、フルートやクラリネットのアンサンブル演奏などがが行われた。
また、『前向きな心』をテーマにした小籔住職の法話もあり、参拝者は熱心に耳を傾けていた。

☆IMG_4511

☆IMG_4505

☆IMG_4443

☆IMG_4454

☆IMG_4479

☆MG_4465

☆IMG_4499



ミニ見ニ水族館見に来てね

観音寺の上原節男さん(64)の自宅のカーポートで昨年末から開いている「ミニ見ニ水族館」が地域の憩いの場になっている。

上原さん宅では、3年前から、昔から親しまれている淡水魚、メダカ6種などを31の水槽で飼っている。ウーパールーパーやカダヤシ(口から子を生むメダカ)もおり、登下校中の子どもたちや散歩がてらに立ち寄る人が自由に見学している。

問い合わせは、0773-27-2873の上原さんまで。

☆IMG_4516
観音寺のすぐ近く。この看板が目印。

☆IMG_4518

☆IMG_4521

☆IMG_4526

☆IMG_4528
上原さん夫婦とお孫さん

☆IMG_4533
かつて一世を風靡したウーパールーパー

サッカーもテスト勉強も本気 プロの指導で成長中

京都府北部の中学生が所属するサッカーチーム「ヴァレンティアSFC(セイビ・フットボール・クラブ)」が間もなく設立3カ月を迎える。
福知山、綾部、丹波の3市から集まった1期生14人が、グラウンドで汗を流している。


ヴァレンティアSFCは、地域の子どもたちがサッカーにより親しめる環境を提供するため、成美大学が運営。インターハイ初出場が決定している強豪、福知山成美高校サッカー部でヘッドコーチを務める足立昌義さんが代表。足立代表を含め、日本サッカー協会公認コーチライセンスを持つ3人が指導にあたっている。

この日は、テスト期間中ということで、選手たちはユニフォーム姿で約1時間の勉強タイム。その後グラウンドで基礎練習などに励んだ。

メンバーの一人、南陵中学校1年、角秀正さん(12)は、「ここでは部活では経験できないことが学べる。練習や試合が本格的で、緊張感の中でプレイできます。勉強との両立も大丈夫です」とコメント。

足立代表は、「育成年代なので、それぞれの個性を生かしたプレーを身に付けさせたい。高校生と対戦することでスピードに慣れたり、上を見せることでいい刺激になれば」と話している。

練習は、水・金曜日の夜と土・日曜日の週4回。
来月上旬には、四国への遠征も予定している。
問い合わせは、0773-24-7100の成美大学地域活性センター内のヴァレンティアSFC U-15事務局の足立代表まで。

詳しい内容は同クラブの公式ブログ
http://valentia-blog.webdeki-blog.com/

☆DSC_0007

☆DSC_0010

☆DSC_0018

☆DSC_0031

☆DSC_0049

☆DSC_0064

☆DSC_0066

☆DSC_0112

☆DSC_0082

☆DSC_0101

6月19日(日) 猪崎・三段池公園多目的グラウンド

明け方まで降っていた雨が試合開始時間には止み、予定通りU-11前期リーグ3節が、猪崎の三段池公園多目的グラウンドで行われた。

修斉×弥栄、物部×網野などの5年生チームが普段の練習成果を発揮し、元気よくプレーしていた。

IMG_6825.jpg

IMG_6812.jpg

IMG_6800.jpg

IMG_4143_20110621170735.jpg

☆IMG_4017

☆IMG_6819

IMG_4035.jpg

IMG_4121.jpg

IMG_4143.jpg

IMG_4023.jpg

※9月号(8月23日発行)掲載予定

スタジオコンサート



最新記事