この場所で新しいスタート!働くって楽しいね

福知山市駅前町の市民交流プラザふくちやま1階にある障害者が働く喫茶店「森Cafe」がオープンから2カ月を過ぎ、順調に客足を伸ばしている。6月21日には図書館がオープンし、同プラザへの来場者数もアップ。4、5月は1日平均60人だった来客数は70人以上に。スタッフも徐々に接客に慣れ、いきいきと働いている。

同店は社会福祉法人ふくちやま福祉会(矢野利生理事長)が運営。1階には図書館の児童図書コーナーがあることから、デザイナーと相談し椅子、カップなどにもこだわり、可愛らしい雰囲気にした。現在は、主に精神障害のあるスタッフ11人とアルバイトも含めた職員7人がシフト制で勤務している。

法人の専務理事、仲林清貴さん(54)は「スタッフ11人のうち9人は以前は在宅で過ごしていたが、この場所で新しいスタートを切ることができた。ここを障害者が働く施設として認識されていない方も多く、福祉だからと甘えることはできない。研修でしっかりした接客を身に着けたうえで、スタッフが無理をしないよう様子を見ています」と話している。華やかでおしゃれな場所であるせいか、カフェでの勤務を希望する方もいるといい、現在働いているスタッフも「楽しく働いています」と笑顔を見せる。

店内には市内の3つの障害者施設で利用者が製造している「ほっとはあと製品」の販売コーナーもあり、障害者の自立を支援。クッキーなどがよく売れているという。

市民らのホッとできる場として、今後は高校生など学生向けのメニューを取り入れるなど、メニューの充実を図りたいとしている。

営業時間は平日午前8時~午後7時半。土、日、祝日は午前9時~午後7時。

☆DSC_0814
いらっしゃいませ

☆DSC_0825

☆DSC_0831
ほっとはあと製品のコーナー

☆DSC_3504
テイクアウト用のドリンク容器や店内飲食用のカップにもこだわった

☆DSC_0829


異色のコラボ マックハウス駐車場で手作り市

福知山市土師の衣料雑貨店、マックハウス福知山前田店の駐車場で手作り市「楽楽市場」が開かれた。同市茅ノ台で犬用の洋服を手作りしている植田貴子さん(42)が「福知山に笑顔と元気を」というコンセプトで初めて開催。アクセサリーや雑貨、カラーセラピーなど9ブースで11店舗が出店し、親子連れやペット連れの来場者でにぎわった。

きっかけは、今年3月、植田さんが犬用にリメイクするためマックハウスに子ども服を買い付けに行ったこと。同店の西谷直弘店長(32)との会話から、出来上がった商品を見せることになり、その出来栄えを称賛した店長が「ここで販売してみては」と声をかけ、手作り市開催に発展したという。

西谷店長は「当店の駐車スペースでイベントをするのは初めての試み。多くの方に足を運んでもらうことで前田地域の活性化にもつながり、店を知っていただくきっかけにもなる。今後も地域に密着した催しに協力したい」と話し、手作り市の様子を見守っていた。

楽しいことを楽しんでほしいという思いで植田さんが名づけた「楽楽市場」は、1つの出会いから始まり、多くの来場者の笑顔につながった。

☆DSC_0723 

☆DSC_0802
楽楽市場を主催した植田さんとマックハウス福知山前田店の西谷店長

☆DSC_0737

☆DSC_0744

☆DSC_0792

☆DSC_0756

☆DSC_0729

☆DSC_0725

3年生、5年生が熱戦

福知山市猪崎の三段池公園多目的グラウンドで修斉ミニカップサッカー大会(修斉サッカースポーツ少年団主催)が開かれ、近隣の5年生、3年生チームそれぞれ8チームずつが参加した。
前日の雨でグラウンドコンディションが少し悪かったが、選手たちは熱心にプレーを展開。観戦する保護者も熱い声援をおくっていた。

★IMG_1154

★IMG_1156

★IMG_1163

★IMG_1165

★IMG_1175

★IMG_1176

★IMG_1180

★IMG_1187

★IMG_1200

★IMG_1225

4年生の19チームが熱戦

少年サッカーの北部リーグが福知山市猪崎の三段池公園多目的グラウンドで開かれた。京都府北部(綾部以北から峰山)の小学4年生中心の19チームが参加。梅雨空の蒸し暑い天候の中での試合になったが、選手たちは元気いっぱいボールを追いかけ、熱戦を繰り広げた。

★IMG_1053

★IMG_1023

★IMG_0994

★IMG_0990

★IMG_0962

★IMG_0960

★IMG_0942

★IMG_0937

★IMG_0932

★IMG_0930

★IMG_0928

★IMG_0926

★IMG_0911

★IMG_0905

★IMG_0888

★IMG_0885

願いをかなえて!織姫様、彦星様

子育てを支援する福知山市中ノ町のNPO法人おひさまと風の子サロンで親子で七夕飾りを作るイベントが開かれた。

参加者たちは七夕の歌を歌ったり、織姫と彦星の紙芝居を見た後、画用紙や折り紙を使った飾り作りを楽しんだ。
子どもたちは短冊に絵を描き、保護者は願いごとを記入。それぞれ思いのこもった笹飾りが完成した。

☆DSC_0474

☆DSC_0463

☆DSC_0660

☆DSC_0483

☆DSC_0488

☆DSC_0530

☆DSC_0576

☆DSC_0585

☆DSC_0591

☆DSC_0594

☆DSC_0599

☆DSC_0649



最新記事