グリーンや雑貨がいっぱい 交流プラザで手づくり市

手づくり市「タブリエ・ママン」が福知山市駅前町の市民交流プラザふくちやま3階の市民交流スペースで開かれた。実行委員会(FlanelleB奥谷史子さん代表)が主催し、初めて開催した。

雑貨、アクセサリー、革小物、冬小物、スイーツ、パンなど20店舗以上が所狭しと並び、来場者は、盛りだくさんの雑貨たちに目を輝かせていた。

★_5818

★IMG_5813

★IMG_5829

★IMG_5831

★IMG_5838

★IMG_5840

★IMG_5849

可愛いかぼちゃのおばけが大集合

子育てを支援する福知山市中ノ町のNPO法人おひさまと風の子サロンでハロウィンを楽しむイベントが開かれ、15組の親子が参加した。

毎年大人気で予約がすぐ埋まるというこのイベント。親子でかぼちゃの衣装を作った後、ハロウィンにちなんだ手づくりゲームコーナーで遊んだり、絵本の読み聞かせをなどを楽しみ、会場には小さなかぼちゃのおばけたちの笑い声が響いていた。

※12月号本誌(11/23発行)「子育て応援団」に掲載予定です。


★DSC_9367

★DSC_9391

★DSC_9397

★DSC_9399

★DSC_9414

★DSC_9419

★DSC_9429

★DSC_9435

★DSC_9478

★DSC_9497

★DSC_9526

★DSC_9570

★DSC_9596

★DSC_9630

★DSC_9635

★DSC_9641

女性医師が女性の悩みに答えます

福知山医師会が主催する「女性医師による女性の悩みにお答えします」シリーズ全5回の第2回が福知山市北本町の市中央保健福祉センターで開かれた。いづみメンタルクリニックの大八木和泉院長が『充実した歳の重ね方』をテーマに講演した。

大八木院長は「認知症は脳の疲れなので、そんなに恐れないで。嫌なことがあっても、良い事が1つでもあれば、それで良い」と自分を労わることの大切さを話した。
講演では『足を大事に』『立つ事、足裏を意識すること』「きれいな空気を吸うこと』の提案と併せて、来場者に簡単に出来る自律訓練法も伝授した。

★IMG_6052

★MIMG_6055

演劇で元気になぁれ

第18回きょうと北部演劇まつりが福知山市駅前町の市民交流プラザふくちやま3階で開かれた。同実行委員会(日比野修三委員長)主催。

今年は交流プラザが完成したことと災害が続いた福知山が元気になるようにとの願いを込め初めて入場無料で開催した。

出演したのは、福知山淑徳高校人形劇講座、福知山演劇サークルわっぱ、みかんの木文庫の3団体。
会場には大勢の家族連れらが訪れ、スライド影絵やタオルやたわしなど身近な道具を使った物語などを楽しんだ。

★DSC_8960

★DSC_8970

★DSC_9035

★DSC_9076

★DSC_9089

★DSC_9159

★DSC_9143

★DSC_9163

★DSC_9167

青空の下 楽しいステージに歓声

大江町の北近畿タンゴ鉄道大江駅周辺と大江山酒呑童子の里で大江山酒呑童子祭りが開かれた。メイン会場である大江駅周辺では、社 堂奥和太鼓保存会による演奏・幼児による妖怪体操・鬼ぞうりとばし・鬼声コンテスト・鬼武者行列の他、梅花女子大学チアリーディング部による演技や京都橘高校吹奏楽部マーチングバンド披露などのイベントもあり、家族連れなど多くの来場者の目を楽しませた。

1410261.jpg

1410262.jpg

1410263.jpg

1410264.jpg

1410265.jpg

1410266.jpg

1410267.jpg

1410268.jpg

1410269.jpg

14102610.jpg



最新記事