おひなさまに変身!

 雛祭りを楽しむイベントが福知山市の「おひさまと風の子サロン」で開かれ、12組の親子が参加した。
吊るし雛人形を作ったり、お雛様やお内裏様の衣装で記念撮影をしたり、親子でふれあいながら楽しいひとときを過ごした。

☆DSC_5991

☆DSC_6003

☆DSC_6006

☆DSC_6027

☆DSC_6033

☆DSC_6037

☆DSC_6049

☆DSC_6050

☆DSC_6054

☆DSC_6066

☆DSC_6072

☆DSC_6076

☆DSC_6078

☆DSC_6093

☆DSC_6099

さまざまな企画で来場者をおもてなし

福知山の食の魅力をPR、そして再発見する「福知山のうまいもの展2015」(福知山観光協会・同実行委員会主催)が2月21、22の両日、福知山市厚生会館で開かれた。

実演販売・即売をはじめ土産物の展示や体験コーナーなど81店(うち市外8店)の参加店が来場者をもてなした。
初出店も多く遠くは静岡県小山市(観光友好都市)や大分県豊後高田市(福知山城主の松平家ゆかり)、今回初めて「海の京都」の7市町が顔を揃えた。
恒例のスタンプラリーやスイーツの試食販売、13の酒蔵めぐりも催され、訪れた家族連れらを楽しませた。

★IMG_0821

★IMG_0840

★IMG_0832

★IMG_0815

★IMG_0803

★IMG_0797

★IMG_0793

頑張る女性を応援!!

頑張る女性を応援するビューティーイベント(ビューティーフェスタ実行委員会主催)が福知山市土師のホテルロイヤルヒル福知山3階で開かれた。
会場にはヘッドスパ、アロマエステ、ネイル、メイク、雑貨や布小物、カラーセラピーや手相、骨盤矯正など女性にうれしいブースが所狭しと並び、280人の来場者で賑わった。

実行委員会の青木明子代表は「6回目となる今回は、男性も含め幅広い年代の方にご来場いただきました。今後もさまざまなブースで多くの女性に元気とキレイをお届けしたい」と話していた。
来場者が心身ともにリフレッシュした様子で会場を去る姿が印象的だった。

★IMG_0873

★IMG_0863

★IMG_0877

★IMG_0881

★IMG_0883

★IMG_0885

★IMG_0890

★IMG_0895

★IMG_0907

★IMG_0910

★IMG_0916

★IMG_0917

★IMG_0919

★IMG_0959

愛らしい姿に歓声

福知山市動物園でレッサーパンダ「しらたま」の一般公開が始まった。「しらたま」は徳島市のとくしま動物園で生まれたメスで、生後7カ月で体長約60㎝、体重5.6kg。おとなしい性格だという。
福井県の西山動物園が所有権を持っており、福知山市動物園に無償貸与した。

公開時間には近くのひまわり保育園の年長園児やアマチュアカメラマンが展示場前に押し寄せた。カウントダウンで「しらたま」が姿を見せると、園児たちからは歓声があがった。

しばらくすると「しらたま」は放飼場に出て、木に登ったり板を渡ったり愛らしい姿を見せ、来場者は夢中でシャッターを切ったり、「しらたまちゃ~ん」と声をかけていた。

昨年5月に同園に来たオスのレッサーパンダ「キャラ」と仲良くなり「早く赤ちゃんができたら」と期待も高まっている。

★IMG_2145

★IMG_2115

★IMG_2159

★IMG_2179

★IMG_2182

リラックスできる環境を作り、
更年期と上手に付き合っていくことが大事


福知山医師会主催の「女性医師による女性の悩みにお答えします」シリーズ(全5回)の最終回が福知山市中央保健福祉センターで開かれ、伊地智 櫻さん(市民病院医師)が『更年期とホルモンバランスについて』と題し講演した。

更年期の基礎知識をはじめ女性の体(男性との違い)、更年期障害について分かり易くクイズ形式を用い解説。
「更年期(45~55歳位の期間)は、女性にとって避けては通れない自然な体の変化。ストレス発散法やリラックスできる環境を作り、自分に合ったリラクゼーション法を見つけて上手に付き合っていくことが大事」などと説明。
「症状には程度の違いや個人差があるので、不調を感じたらまずは産婦人科の受診を」と話す。

HP用★IMG_0786



最新記事