地域の魅力の再発見に

福知山市東中ノ町の古民家を改装した薬の博物館「祥風館」(藤木薬局店主、藤木祥治さん運営)に、福知山公立大学の学長、井口 和起さん(77)と学生約40人が訪れ、明治時代からの薬にまつわる看板や資料、建物などを見学した。

井口学長と藤木さんは福知山高校時代の同級生という縁もあり、学長自らが担当する「地域文化論」の授業の一環として、昔の建造物や文化財などについてレクチャー。学生に「なんにでもまずカメラを向けるのではなく、自分の目で確かめなさい」などとアドバイスし、現物を前に張りのある声で学生に講義した。

建物内には明治時代の五月人形やこいのぼりも展示しており、藤木さんの妻、陽子さんがこの地域では桃や端午の節句は旧暦で祝うことなどを説明。昔の状態のままで残る家屋2階部分の見どころを学生たちに紹介した。

宮城県出身で地域経営学科の1年、清水まどかさん(18)は授業終了後、「昔の晴れ着や時計、黒電話など初めて見るものも多かった。客間の天井が高いこと、水害対策をした家の構造など実際に見ることで、興味がわきました」と話していた。

藤木さんは、代々引き継がれた珍しいものを地域のみなさんにも見てもらいたいと、2015年11月に私設博物館を創設。随時、見学を受け付けている。

問い合わせは、藤木薬局 0773-22-2550

★DSC_6752

★DSC_6796

★DSC_6799

★DSC_6802

★DSC_6806

★DSC_6817

★DSC_6863

★DSC_6829

★DSC_6840


10年の思いをフラダンスにのせて

亀岡市在住の上村由紀さん(65)が主宰するフラダンス教室「Hula Halau‘O Ka Lei Nani U‘i O Ka Aina」が10周年を迎え、記念発表会が綾部市の中丹文化会館で開かれた。
福知山の6教室や綾部、亀岡、和田山、出石の4~70歳代までの教室生、約130人が日頃の練習の成果を発表した。

第1部では幼児クラスによるかわいいダンスを中心に披露し、第2部はハワイアンミュージシャンの生バンドに合わせ、優雅なフラで会場を盛り上げた。

上村さんは「今回は10周年ということもあり、ほぼ満員の会場で参加者一同今まで以上に喜びを共有しながら踊ることができました」と話していた。

☆P1100826

☆P1100831

☆P1100838

☆P1100849

☆P1100850

☆P1100853

☆P1100859

☆P1100869

☆P1100875

☆P1100877

☆P1100880

☆P1100896

☆P1100918

☆P1100921

☆P1100944

☆P1100946

☆P1100959

☆P1100967

☆P1110009

☆P1110027


親子でふれあいエクササイズ!

親子で楽しく身体を動かすイベントが福知山市猪崎の三段池公園武道館で開かれた。乳幼児を連れた母親が71組参加し、総勢約150人で会場は賑わった。
福知山市とおひさまと風の子サロンが主催する「おひさまひろば」の行事の1つ。

フィットネスクラブやキッズダンスクラブのインストラクターを務める荒川成美さんが講師を務め、参加者たちはリズムに合わせて身体を動かし、さわやかな汗を流した。

☆DSC_6513

☆DSC_6468

☆DSC_6482

☆DSC_6506

☆DSC_6521

☆DSC_6527

☆DSC_6564

☆DSC_6566

☆DSC_6575

☆DSC_6590

☆DSC_6595

☆DSC_6604

☆DSC_6609

☆DSC_6629

☆DSC_6656

☆DSC_6659

☆DSC_6671

☆DSC_6681

☆DSC_6699

☆DSC_6720

☆DSC_6728

☆DSC_6736

☆DSC_6745

☆DSC_6750

DSC_6751.jpg


泥だらけの熱戦!

福知山市戸田の水田で、「第3回たんぼラグビーin京都・福知山」(府ラグビーフットボール協会など主催)が開かれた。
1チームのプレイヤー4人、1試合5分で、誰もが気軽にできる簡単なルールを適応。昨年の倍近い43チーム(301人)が参加し、3面のコートで、幼児から大人まで全身泥だらけになってゲームを楽しんだ。

主催メンバーの長手信行さんは「今大会へのエントリーも大幅に増えましたが、関東や九州でも同様の大会が開かれるなど、イベント自体が広まりつつあります。発祥の地として、さらに盛り上げたい」と話していた。

田んぼには子どもの遊具用にゴムボートも用意され、周辺では多くの見物客やカメラマンらが試合を見守っていた。


★DSC_6188

★DSC_6193

★DSC_6213

★DSC_6220

★DSC_6229

★DSC_6246

★DSC_6247

★DSC_6249

★DSC_6251

★DSC_6258

★DSC_6261

★DSC_6264

★DSC_6271

★DSC_6277

★DSC_6286

★DSC_6289

★DSC_6296

★DSC_6301

選手の心を一つに、全国大会も全力で

第52回全国道場少年剣道大会の京都府予選会が5月21日、京都市左京区の京都市武道センターで行われ、福知山市の小桜道場が小学生の部と中学生の部でそれぞれ予選リーグを全勝で突破し、昨年に続きそろって全国大会の出場権を獲得した。

試合は5人制の団体戦で、小学生の部には53チームが出場。小桜はブロックで京都至誠館(京丹後市)に4対1、舞鶴剣道教室西道場(舞鶴市)に4対0で勝ち、8年連続10度目の全国大会出場を決めた。

中学生の部には48チームが出場。小桜は1年生2人、2年生1人、3年生2人という布陣で、2人が女子選手。しかしながら、2人の3年生がチームを引っ張り、峰山少年剣道教室(京丹後市)に5-0で完勝、舞鶴剣道教室西道場(舞鶴市)には先鋒戦で先行されたものの3-1と逆転勝ちし、2年連続9度目の全国大会の出場権を獲得した。

中学の部の大将、立身一成さんは「2年連続で小学生、中学生ともに全国大会に出場することができ、とてもうれしい。予選リーグで全勝できたのも、今までの稽古の積み重ねがあったから。全国大会に向け選手の心を一つにして、全力が出し切れるように気持ちを盛り上げていきたい。京都府代表に相応しい試合ができるよう、一丸となって頑張ります」とコメントした。
 
全国大会は東京の日本武道館で小学生が7月25日、中学生が翌26日に開催される。


2017全国メンバー

【小学生】 先鋒・宮下颯虹(雀部4年)、次鋒・西躰奈乃(下六人部6年)、中堅・宮下成星(雀部6年)、副将・大野真登(惇明6年)、大将・小畑海瑠(佐賀6年)       

【中学生】 先鋒・北島 穣(福知山高校付属1年)、次鋒・太田彩葉(桃映1年)、中堅・山本幸来(南陵2年)、 副将・北島 駿(福知山高校付属3年)、大将・立身一成(日新3年)




最新記事