綾部市青野町の絵本カフェChouChou サクラティエ(社会福祉法人綾部福祉会運営)でサクラマルシェが開催された。

乳児から大人まで楽しめるように、と企画された同マルシェは
離乳食やスムージー、バルーンアート、地元でとれた野菜などが販売されたり、
似顔絵、腹話術、びゅんびゅんごま作りの体験が行われたりした。

途中から雨が降り出す悪条件となったが、
多くの親子連れが訪れ賑わった。

★IMG_7527

★IMG_7541

★IMG_7542

hospitalinfo300px.jpg

★IMG_7546

★IMG_7550

★IMG_7566

笑顔あふれる巨大巻き寿司イベント

福知山市の奥榎原いきいきサロン(森田正子代表)のメンバー25人が地元公民館で巨大巻き寿司作りに挑戦した。
前日から準備をし、当日は『手を合わせ、息を合わせ』て、声を掛け合いながら9メートルにも及ぶ巨大巻き寿司を完成させ、メンバーから笑顔があふれた。

同サロンは地域の活性化や癒しを目的に、送迎なども助け合いながら、好きな時に参加できる地域のふれあいの場となっている。

4年程前からいろんな企画に参加している足立富雄さん(70)は「1人暮らしになったけど、このサロンで人と話をするのがとても楽しいです」と話していた。次回は、メンバーで花見を予定している。

★_5488

★IMG_5470

★IMG_5472

★IMG_5475

★IMG_5480

★IMG_5486

★IMG_5491

★IMG_5493

★IMG_5495

★IMG_5502

★IMG_5509

★IMG_5518

★IMG_5530

★IMG_5532

★昭和_庵我-(4)

★昭和_庵我-(6)

★昭和_庵我-(14)

★昭和_庵我-(20)

★昭和_庵我-(49)

★昭和_庵我-(52)

★昭和_庵我-(63)

★昭和_庵我-(82)

★昭和_庵我-(84)

★昭和_庵我-(90)

★昭和_庵我-(105)

★昭和_庵我-(113)

★成仁_惇明-(6)

★成仁_惇明-(10)

★成仁_惇明-(12)

★成仁_惇明-(22)

★成仁_惇明-(27)

★成仁_惇明-(43)

★成仁_惇明-(47)

★成仁_惇明-(65)

★成仁_惇明-(71)

★成仁_惇明-(76)

★遷喬_修斉-(3)

★遷喬_修斉-(9)

★遷喬_修斉-(36)

★遷喬_修斉-(42)

★遷喬_修斉-(55)

★遷喬_修斉-(59)

★遷喬_修斉-(73)

★遷喬_修斉-(92)

★遷喬_修斉-(112)

★遷喬_修斉-(116)

★遷喬_修斉-(123)

★遷喬_修斉-(129)

★美河_下六-(2)

★美河_下六-(6)

★美河_下六-(22)

★美河_下六-(43)

★美河_下六-(55)

★美河_下六-(61)

★美河_下六-(67)

★三和-(3)
[ 続きを読む ]

創立45周年  昭和から平成、そして令和へ 児童たちの歌声届ける

ふくちやま児童合唱団の発表会が福知山市駅前町の市民交流プラザふくちやまで開かれた。
同合唱団は、「歌を通して、情操豊かな心を育てよう」と市内の小学生を対象に1974年9月に発足、市合唱祭や市成人式にも参加し、毎年3月には発表会を行っている。
今回は団員19人が参加し、1年間の練習の成果を3つのステージに分けて披露し、観客に元気な歌声を届けた。

前田竹司団長は「この45年間で卒団生は600人近くになりました。今回は6年生6人が卒団しましたが、新年度からは中学生も参加対象になりますので、引き続き参加してくれます。小学1年から中学3年までの歌の好きなお友達の参加をお待ちしています」と話している。

1553467959463.jpg

1553467937994.jpg

4月13日、光秀ソング
「水色桔梗は勇気の証」発表!!



4月13、14日に開かれる「第32回 福知山お城まつり」で明智光秀をテーマにした楽曲「水色桔梗は勇気の証」が初披露される。
明智光秀が大河ドラマ「麒麟がくる」の主役に決定したことを受け、昨年末、福知山お城まつり実行委員会が光秀にちなんだテーマ曲の制作を企画。福知山市みどりの親善大使として活躍するキャラクター、ゴーヤ先生がお城まつりに何度か出演している旧知のシンガーソングライター、石田洋介さん(48)=東京都在住=に依頼した。

石田さんはバンド活動を経て2001年よりソロ活動し、様々なアーティストと交流を持ち、多くの作品、ツアーに参加。最近ではご当地キャラクターのテーマソングなどを作編曲し各地のイベントに出演するなど、精力的に活動している。
今回、曲を聞いただけで光秀の人となりが分かるような楽曲をというリクエストを受け、石田さんは明智光秀に関する文献などを調べ上げた。広小路の光秀おじさんこと、吉田博さん(68)が歌詞のチェックなどに協力。仕上がったデモを聞き、吉田さんは「歌詞には史実と異なる部分もありますが、光秀公への思いが込められていて感激です」とコメントした。

石田さんは「お城まつりで御霊公園には何度も来ていますが、実はこの話があるまで明智光秀との関係は全く知りませんでした。世間では裏切り者のという評価ですが、慕い続けている福知山の皆さんは人情に厚いですね。今回、ノリノリの勇ましい感じにアレンジさせていただきました。曲に親しんでもらいたい育てて頂けたらうれしい」と話している。
ゴーヤ先生のイベントなどを担当している福知山環境会議、副代表の土田真奈見さん(43)は「ジャケットのイメージも曲も想像以上の出来栄え。光秀のことを知らなかった石田さんだからこそ、光秀を知らない若者たちにも伝える力があるはず」と地元の盛り上がりに期待している。

楽曲は13日、御霊公園、及び厚生会館で開かれるミニライブで披露され、同日、広小路で開かれる約40のご当地キャラクターが東西に分かれて対戦する合戦ゲームのテーマソングとしても使用される。

石田洋介
「水色桔梗は勇気の証」を作詞・作曲をした
石田洋介さん

CD.jpg
CDジャケットのイラストはゴーヤ先生が担当した

oshigoto300px.jpg



ゴーヤ先生本人がデザインしたLINEスタンプ発売中!

ファンの方にアンケートを実施してそのリクエストを元に、ゴーヤ先生本人がデザイン。
今回のLINEスタンプの売り上げはすべて福知山お城まつりのために使用する。
https://line.me/S/sticker/7016248

stamp2.jpg




最新記事