小中学生そろって2年ぶり5度目の全国大会へ

第54回全国道場少年剣道大会の京都府予選会が京都市左京区の京都市武道センターで行われ、福知山市の小桜道場が小学生の部と中学生の部でそれぞれ予選リーグを全勝で突破し、2年ぶりにそろって全国大会の出場権を獲得した。

試合は5人制の団体戦で、小学生の部には53チームが出場。昨年、3年生1人、4年生3人、5年生1人という低学年中心のメンバーで臨み予選リーグで敗退した小桜は、今回も6年生が不在というチーム編成の中、初戦で昨年の代表でシード道場の西部剣道スポーツ少年団(亀岡市)に3対1と快勝して勢いに乗り、続く乙訓剣道協会(向日市)に5対0で圧勝し、2年ぶり11度目の全国大会出場を決めた。

中学生の部には48チームが出場。在籍者6人の小桜は3人の3年生がチームを引っ張り、妙覚寺道場(京都市)に2-0で競り勝ち、京都東輝剣道クラブ(亀岡市)には4-1と快勝、4年連続11度目の全国大会の出場権を獲得した。

大会は東京の日本武道館で小学生が7月29日、中学生が翌30日に開催される。

▼選手は以下のとおり

【小学生】            【中学生】
先鋒・末吉叡太(大正4年)    先鋒・大野真登(南陵2年)
次鋒・秋田祐輝(大正4年)    次鋒・小畑海瑠(日新2年)
中堅・太田侑樹(大正5年)    中堅・太田彩葉(桃映3年)
副将・柏木凛子(雀部5年)    副将・大槻莉夢(南陵3年)
大将・野口和樹(大正5年)    大将・北島 穣(福知山高校附属3年)


HP用

駅で体操×英語リトミックイベント

JR福知山駅構内スペースを利用して、オクムラ楽器主催のイベント EKI FESTA2019 が開かれた。
午前は体操と英語リトミックがコラボした2~4歳向けの特別レッスンがあり、40人を超える子どもたちが参加。
ピアノの生演奏に合わせて身体をリズミカルに動かしながら英語にも親しんだ。

市内在住の中村陽穂ちゃん(4)穂香ちゃん(2)の母親は「英語も身体を動かしながら身に付き、2人とも楽しそうでした。また機会があれば参加したい」と話していた。

午後からは大正琴とピアノのコンサートが行われ、名曲の数々で来場者を楽しませた。

☆IMG_9803

☆IMG_9824

☆IMG_9826

☆IMG_9833

☆IMG_9840

☆IMG_9863

☆IMG_9871

☆IMG_9873

☆IMG_9878

☆IMG_9880

☆IMG_9883

☆IMG_9886

☆IMG_9887

☆IMG_9890

☆IMG_9895

☆IMG_9900

☆IMG_9905


音楽に包まれて 樹木に囲まれて

様々なジャンルの音楽と手作り市が同時に楽しめるイベント「ミュージック & 手作り市 フレンズ」が福知山市堀の福知山サンホテルで開かれた。今回で8回目。同実行委員会(大槻奈々代表)が主催した。

樹木で装飾したステージで、8組のグループがピアノ、ギター、二胡など様々な楽器のアンサンブルを披露。ジャズバンドのライブもあり、会場を盛り上げた。

ロビーでは、手作り雑貨や焼き菓子、パンなどの販売やハーバリウム、生け花などの体験もあり、多くの来場者がホールから聞こえる音楽を聞きながら週末のひとときを楽しんでいた。

☆DSC_6450

☆DSC_6570

☆DSC_6578

☆DSC_6638

☆DSC_6658

☆DSC_6677

☆DSC_6691

☆DSC_6723

☆DSC_6741

☆DSC_6750

☆DSC_6460

☆DSC_6485

☆DSC_6499

☆DSC_6502

☆DSC_6522

☆DSC_6630

☆DSC_6637

DSC_6704.jpg


僕も私も泥だらけでトライ!

福知山市戸田の水田で、「第5回たんぼラグビーin京都・福知山」(福知山市ラグビー協会など主催)が開かれた。
福知山高校ラグビー部やJ福知山ラグビースクールら地元チーム以外にも、大阪、愛知、東京からもエントリーがあり、今回もトップリーグ所属選手が参加した。

1チームのプレイヤーは4人で自由交代制。1試合5分で、誰もが気軽にできるルールのもと、300人以上が水田を駆け回り、泥だらけになって熱戦を繰り広げた。

同市長田野町の日本製紙クレシアの同僚11人で参加した上田翼さん(32)は「大会のことは以前から気になっており、今年は職場で2チーム作り初参加しました。普段からランニングや筋トレはしていますが、思った以上に田んぼの中はしんどい。だけど楽しい。来年もまた出ます」と話していた。

この「たんぼラグビー」は福知山で生まれ、今は全国各地で大会が開かれている。

☆DSC_6223

☆DSC_6238

☆DSC_6251

☆DSC_6273

☆DSC_6285

☆DSC_6301

☆DSC_6304

☆DSC_6311

☆DSC_6314

☆DSC_6317

☆DSC_6332

☆DSC_6333

☆DSC_6334

☆DSC_6357

☆DSC_6374

☆DSC_6380

☆DSC_6392

☆DSC_6382

☆DSC_6412

☆DSC_6430

☆DSC_6447


夏の全福大会は7月27日開幕予定

福知山市野球協会(福間誠一会長)が同市猪崎の市武道館で学童野球14チームを対象にした関節機能検査を実施した。 野球でよく使う肩やひじの故障を早期発見し、長く野球を続けてもらうことを目的に、 毎年、夏の大会前に行っている。

同協会は京都軟式野球連盟でこの検査が義務付けられる20年ほど前から、福知山医師会(井土昇会長)などの協力で、いち早くこの取り組みを始めており、今年は242人(女子18人)が参加。コーチや保護者らが見守る中、球児たちは肩やひじの検査を受けた。また市民病院らの医師によるエコー検査もあった。

☆DSC_5900

☆DSC_5919

☆DSC_5922

☆DSC_5936

☆DSC_5947

☆DSC_5953

☆DSC_5970

☆DSC_5982

☆DSC_6000

☆DSC_6005

☆DSC_6008

☆DSC_6030

☆DSC_6042

☆DSC_6060

☆DSC_6085

☆DSC_6099

☆DSC_6110

☆DSC_6127

☆DSC_6157

☆DSC_6160

☆DSC_6177

☆DSC_6186




最新記事