チャリティーイベントで笑顔と勇気を!

8月の豪雨で大きな被害を受けた福知山に笑顔と希望を取り戻そうとチャリティーイベント「Re:スマイル福知山」が福知山駅北口公園で開かれた。
NPO法人京都丹波・丹後ネットワーク(眞下賢一理事長)が主催した。

災害後、三和町出身で現在フランス料理店8店舗の経営者として東京などで活躍中の岡部一己(おかべかずみ)さんが、同法人のインターネットサイトに「何かお役にたてることはありませんか」とメッセージを送ったのがきっかけとなり、イベントを企画。豪華シェフによる料理の競演(フレンチ・中国料理・イタリアン)というメインイベントが誕生した。

このほか、マルシェコーナーでは、パンやアップルパイ、雑貨やアクセサリーなどの販売のほか、似顔絵、カラーセラピーのブースが設けられ、ダンスやストリートライブなどのパフォーマンスも開かれた。

天候にも恵まれ、会場に設営されたテント前には家族連れらの長い行列ができ、多くの笑顔が見られた。

イベントで集まった売り上げの一部及び義援金は、福知山市や社会福祉協議会を通じて8月豪雨災害の被災者に寄付するという。

★DSC_6268

★DSC_6333

★DSC_6265

★DSC_6284

★DSC_6296

★DSC_6305

★DSC_6318

★DSC_6330

★DSC_6332

★DSC_6337
オーグードゥジュール(フレンチ)岡部一己 氏

★DSC_6343

★DSC_6358
シノワ縷縷(中国料理) 塩見満 氏

★DSC_6271

★DSC_6275
イル・プルチネッラ(イタリアン) 栗林 寛之 氏

★DSC_6462



最新記事