心の通う手づくり市

第5回夜久野手づくり市(作るを楽しむ会 衣川タカ子代表)が福知山市夜久野町平野の道の駅「農匠の郷やくの」周辺で開かれた。台風の接近で時折、小雨がぱらついたが、北近畿最大の約200ブースの出店があり、大勢の来場客でにぎわった。

出店者は、木工やアクセサリー、スイーツ、雑貨、陶器など多種多様。中でも子どもの人気を集めたのが目の前で注文通りに作り上げるあめ細工。京漬物やサンマのすしなどご当地ならではの商品も人気だった。

会場には豪雨被災者へのお見舞い募金箱も設置されていた。

代表の衣川さんは「第1回目から100を超える出店で口コミでどんどん広がり、今では200店を超えました。今後もこの夜久野で心の通う手づくり市を続けたいです」と話していた。

★IMG_5336

★IMG_5324

★IMG_5322

★IMG_5320

★IMG_5314

★IMG_5311

★IMG_5307

★IMG_5303

★IMG_5302

★_5299



最新記事