新春企画展「着物パッチワーク」
2月13日まで開催中


 内記の市丹波生活衣館で、新春企画展「着物パッチワーク」が開かれている。2月13日まで。火曜休館。入場無料。

 同館に寄せられた多くのハギレを有効活用するため、丹波生活衣振興会の大志万雅子さんの指導で制作。「パッチワーク講習会」の参加者41人らの協力で作られた着物型パッチワークを展示している。ちりめん、モスリン、浴衣地など、布別に作成されており、布見本は、手で触れて、絹や交織、麻など布の感触を味わえる。展示された布からは、戦中、絹がパラシュートに使われたため市民の手に入りにくくなり、交織布が作られた、などという歴史を見ることもできる。(1月12日取材)

★IMG_2115

★IMG_2124

★IMG_2126

★IMG_2131

★IMG_2132



最新記事