未来へ紡ぐ絆と元気

中丹“絆”フェスタ が福知山駅前の市民交流プラザふくちやまや駅北口公園で開かれた。昨年の台風18号や今年8月の豪雨災害でボランティアの皆さんからいただいた協力や支援を未来へ紡ぎ、明日の中丹の元気作りにつなげることを目的に、京都府中丹広域振興局が主催した。

市民交流プラザでは、ジビエの魅力を発信するため鹿肉を使った料理教室や鹿革を利用したクラフト教室を開催。
料理教室では鹿肉料理研究家で「愛deer料理教室」の林真理代表が講師を務め、鹿ハムや鹿肉のつみれスープなどの調理実習を行った。

そのほか府立工業高校によるロボットパフォーマンスや牛乳パック工作や木工教室、ミニ列車乗車体験などもあり、大勢の家族連れでにぎわった。

☆DSC_0011

☆DSC_0031

☆DSC_0052

☆DSC_0067

☆DSC_0079

☆DSC_0096

☆DSC_0100

☆DSC_0103

☆DSC_0111

☆DSC_0119

☆DSC_0154

☆DSC_0164

☆DSC_0166

☆DSC_0171



最新記事