鬼の後にはドラえもん来たる!!

福知山市土師新町の土師保育園(佐藤龍雄園長、110人)で節分行事が開かれた。
自分で作ったお面をかぶった園児たちは節分にまつわる話や紙芝居の後、豆まきを楽しんだ。鬼が現れると泣き出す園児もいたが、豆に見立てたカラーボールを鬼が背負う箱に投げ入れ、赤鬼、青鬼のどちらにたくさん入る(やっつける)かを競った。

当日、福知山シネマの企画で人気アニメキャラクターのドラえもんが登場。園児からはひときわ大きな歓声が上がり、質問コーナーや記念撮影に盛り上がった。

★MG_5450

★MG_5461

★MG_5463

★MG_5467

★MG_5493



最新記事