ふくちライフ イベントで活用してね♪

このほど福知山市の健康づくりテーマソング「ふくちライフ ~楽しい僕らの福知LIFE~」が完成した。
市中央保健福祉センターの保健師、保育士らが子どもから高齢者まで無理なくストレッチできる体操の振りをつけ、健康教育の他、各種イベントなどで活用してもらえるようPRしている。

同センターの職員らが昨秋より企画を進め、面白可笑しいインパクトのある曲より、聞いて元気が出るような馴染みやすいメロディにしたいと、市内を拠点に活動するデュオ、チキンズキッチンに作詞・作曲を依頼。今年3月のイベントでお披露目した。

担当した保健師、小原恵さん(35)は「振付には親しみやすいドッコイセも取り入れ、お披露目の時はみんなノリノリで楽しみながら体を動かしてくれました。聞けば聞くほどサビが耳に残る素敵な曲です。繰り返し聞いて、健康づくりにも役立ててほしい」と話す。

将来的にはラジオ体操のような感覚で活用したり、合唱祭でも歌ってもらえるような曲に育てていけたら、と期待している。

音楽の他、振付の分かる動画も用意しており、空のCDやDVDを市中央保健福祉センターに持ち込むと、ダビングをしてくれる。

ふくちライフ写真


「チキンズキッチンちゃんねる」より(振付)



最新記事