自然に囲まれたあまづキッチンにようこそ!

障害者が働くカフェレストラン「あまづキッチン」が福知山市字上天津に4月29日オープンした。
社会福祉法人ふくちやま福祉会(矢野利生理事長)が運営。スタッフは障害者6人、職員7人の13人で、接客などの他、パンやアイスの製造を行っている。

木に囲まれた温かい雰囲気の店内やテラス席で、主に地元の食材などを用いたパスタやハンバーガー、ピザなど手作り料理の他、パン、アイスを味わうことができる。

カフェ&レストランの営業時間は午前10時~午後4時(土・日・祝は午前8時~)、ランチは11時~。
土・日・祝日は、午前8時から朝市で上川口の新鮮な野菜などを販売する。

同施設の管理者、仲林清貴さんは「国道沿いで車の音は気になりますが、緑に囲まれた庭を見ながら、ゆっくりくつろいでほしい。朝市は減農薬の安全な野菜など地元のいいものを安く手に入れることができるので、おすすめです。今後、コロッケの製造・販売なども予定しています」と話している。

下川口から親子3代で訪れた女性は「お庭も店内もとってもきれい。国道のすぐそばで目立つので、これから人気がでそう」と話していた。

水曜定休。
http://amadu-kitchen.com/

☆DSC_0280

☆DSC_0297

☆DSC_0335

☆DSC_0338

☆DSC_0339

☆DSC_0342

☆DSC_0343

☆DSC_0358



最新記事