どんな絵ができるかな?

田んぼをキャンバスに見立て、色の異なる稲(現代米・古代米)を使い巨大な絵を作る“田んぼアート”が福知山市三和町の水田で行われた。
HORI建築と福知山丹陽保育園の園児のコラボイベントで、約120人が泥と格闘しながら下絵に添って田植えをした。
稲の成長に伴い徐々に浮かび上がる絵は、9月中旬の稲刈りまで楽しめる。

☆IMG_4690

☆IMG_4681

☆IMG_4676

☆IMG_4672

☆IMG_4671



最新記事