見て!食べて!体験!福知山の食文化

食文化の情報発信を目的とするイベント「福知山のうまいもの展2011」(同実行委主催)が市厚生会館などで始まった。20日(午前10時~午後3時半)まで。

市内の飲食店や菓子店、まちづくり団体などの約75ブースが並び、来場者は、見た目も美しい各店舗の自慢料理を見学したり、試食や買い物を楽しんでいる。

今年はイベントの一つとして「魚さばき教室」が開かれ、午前の部には男女8人が参加。市内の割烹店店主から包丁の扱い方、魚を手際良く3枚におろす方法などを教わった。参加者の1人、豊岡市在住の岡徹さん(62)は「職場が福知山なので、このイベントのことを知りました。妻が仕事をしていることもあり、魚料理にチャレンジしてみたかった。骨にそって3枚に下ろすのは難しかったけど、丁寧に教えていただき楽しめました」と話していた。
 
また、来場者がまち歩きを楽しむためのスタンプラリーや人力車の無料乗車、高校生が手作りクッキーでもてなすイベントも開かれている。初めて人力車に乗ったという堀の主婦、高良智子さん(39)は「いつも見慣れたまちが(人力車に乗り)目線が違うだけで別の風景に見えました。会場ではいろんなものを見て食べて家族で楽しめました」と満足そうだった。

☆DSC_0023
美味しそうな料理に思わず笑顔

DSC_0013.jpg
松山市長も興味深々

DSC_0006_20110219163047.jpg
「全国高校生スイーツ選手権大会」で準優勝した福知山淑徳高校チームのスイーツ

☆DSC_0040

☆DSC_0107

☆DSC_0116

☆DSC_0060sakana
魚さばき教室 熱心にツバスをさばく参加者たち

☆DSC_0075sakana

☆DSC_0139

☆DSC_0224
もちつき体験コーナーでは、子どもたちが珍しい千本づきを体験

☆DSC_0236

☆DSC_0238
マップを確認するスタンプラリーの参加者たち

☆DSC_0151
威勢のいい人力車

DSC_0250.jpg
福知山淑徳高校で製菓を学ぶみなさんがおもてなし

☆DSC_0245

☆DSC_0052tedukuri
会場で開かれた「手づくり市」

☆DSC_0047hina
お雛様の展示も

☆DSC_0056tedukuri



最新記事