大人も子どもも魔法の板に夢中!

長方形の木製ブロック「カプラ」を使って遊ぶイベントが福知山市猪崎の市武道館剣道場で開かれ、多くの家族連れが参加した。
福知山子育て教室わかば(足立幸恵代表)が昨年に続き主催。カプラインストラクター、筧智(かけいさとる)さんが指導し、それぞれが工夫しながら巨大作品作りに挑んだ。

同じサイズの板を積み上げたり組み合わせるだけで、様々な作品が完成することから魔法の板と呼ばれるカプラ。兄弟や親子で協力しながらカプラを積み重ね、大人たちも童心にかえって楽しんでいた。

☆DSC_3407

☆DSC_3411

☆DSC_3419

☆DSC_3428

☆DSC_3432

☆DSC_3433

☆DSC_3447

☆DSC_3458

☆DSC_3471

☆DSC_3477



最新記事