目標は全員入賞!

テコンドー福知山道場に通う中・高生5人が出場する「全日本ジュニアテコンドー選手権大会2015」が、8月2日東京で開催される。
テコンドーは蹴りを中心とした1対1の格闘技で、各選手は過去1年の試合で入賞し、出場権を獲得した。

谷口麻由香選手は、昨年の同大会(18歳以下・個人マッソギの部)優勝者で、4度目の連続出場を果たし2連覇を狙う。

京都府内から5人もの出場は初めてで、全員が同道場から選出という快挙。全員入賞を目指し、練習に励み技を磨く選手たちへ、李祥漢さん(道場代表・指導者)は「気負う事も臆する事もなく、自分たちの出来る事を精一杯発揮し、悔いの残らぬよう頑張ってもらいたい」とエールを送る。

☆テコンドーIMG_2855

写真左から、仲川京志さん (綾部中2年)、仲川綾音さん(府立工高2年)、吉川拓己さん
(川口中1年)、谷口麻由香さん(福高2年)、谷口和樹さん(南陵中2年)



最新記事