生け花でハロウィン!

池坊福知山支部青年部(三嶋華奈部長、メンバー24人)の花展が、JR福知山駅北口横の市民交流プラザふくちやま3階で開かれている。10月11日まで。
伝統的な様式の「生花(しょうか)」から現代的な「自由花(じゆうか)」まで、秋らしい作品約30点が並んでいる。

会場の中でひときわ目立つのが、黄、オレンジ、茶色の厚紙を使ってカボチャに見立てたハロウィンをテーマにした吊り作品。青年部役員5人が8月末頃から打ち合わせを重ね、リンドウ、ワレモコウ、ケイトウなどを使い、秋を感じる大作に仕上げた。

三嶋部長は「10代の方から幅広い年代の生徒が1年の成果を発表しています。陶芸教室で自ら作った花器に生けた作品などもあり、生徒それぞれの感性を生かした魅力的な作品が揃いました」と話し、来場を呼び掛けている。

☆DSC_1457

☆DSC_1454

☆DSC_1465

☆DSC_1466

☆DSC_1470

☆DSC_1476

☆DSC_1484

福知山商工会議所青年部様



最新記事