補聴器は医療機器 まずは耳鼻科の受診を

医師の健康教室(福知山市主催・全5回)の最終回が開かれ、横山尚樹さん(横山耳鼻咽喉科院長)が「難聴について」をテーマに講演した。

耳の構造と病気・難聴(老人性難聴)・補聴器について分かり易く図解。難聴にも種類があり、加齢による聴力低下で起こる老人性難聴には程度や個人差が大きい。その為、日常生活に不自由さを感じるようになれば補聴器の使用を開始し、医療機器なので自分の〝聞こえ”の程度に合わせた認定専門店で調節したものを使うことが大切。「補聴器を掛けようと思われたら、まず耳鼻科を受診し、医師にご相談ください」と横山さんは話した。

★IMG_9068

★IMG_9072

★IMG_9077

★IMG_9084

★IMG_9085

★IMG_9087

★IMG_9099



最新記事