地元福知山を元気にしたい!

地元福知山市を拠点に活動するデュオ、チキンズキッチンが結成5周年を記念したワンマンライブを同市内記のハピネスふくちやま市民ホールで開いた。

チキンズキッチンはボーカルの大田大貴さん(24・南陵中出身)とギター・コーラスの入江優介さん(23・成和中出身)が2011年12月に結成。以来、毎週水曜日には駅前で路上ライブを続けている。

大田さんによると、最初は見向きもされなかったが、毎週観に来てくれる方も少しずつ増え、路上ライブの他、市内外のイベントなどへの出演機会も増えてきたという。

2015年、多数のオリジナル曲を制作した彼らは、福知山市の健康づくりテーマソング「ふくちライフ~楽しい僕らの福知LIFE」も発表。市中央保健福祉センターの職員らが楽しくストレッチできる体操の振りを付け、健康教育やイベントなどでも活用、曲も広まりつつある。

この日のライブでは、ドラム、ベース、キーボードのバンドメンバー3人を加え、アップテンポからバラードまでオリジナル18曲をエネルギッシュに披露。
「ふくちLIFE」の前には、振り付けを担当した職員らから花束贈呈のサプライズもあり、市の健康増進計画イメージキャラクターの 「1000歩くん」も登場。観客もバンドメンバーと一緒に身体を動かし、ライブを楽しんだ。

大田さんは「2016年はCD制作にも力を入れたい。地元が元気になれるような活動を今後も続けていきたい」と話している。

路上ライブは、毎週水曜日午後4時半から福知山駅南口 SL前で行っている。

☆DSC_7838

☆DSC_7753

☆DSC_7773

☆DSC_7691

☆DSC_7696

☆DSC_7707

☆DSC_7740

☆DSC_7632

☆DSC_7677

☆DSC_7750

☆DSC_7821

☆DSC_7827



最新記事