うれし恥ずかし、気分は戦国武将!

福知山城内の市郷土資料館(駿河禎克館長)で子ども向けの甲冑装着体験があり、大勢の家族連れが訪れた。
甲冑は2点あり、現在放映中の大河ドラマで有名な赤備えの真田幸村と月形の前立が印象的な伊達正宗モデル。途切れることなく体験希望者が訪れ、子どもたちは同館職員らに装着してもらった後、刀を構えて記念撮影した。

駿河館長は「甲冑体験は昨秋、大好評だったので、今回、子どもの日の記念に企画しました。他ではやっていない取り組みで、福知山城をPRしたい」と話していた。

☆DSC_7139

☆DSC_7170

☆DSC_7127

☆「DSC_7179




最新記事