この夏、フィリピンで英語力UP

福知山市近隣の学生留学支援に取り組む非営利任意団体ウェアトゥーハッツ(大木清人代表)が駅前町の市民交流プラザふくちやまで、この夏、フィリピンでの語学留学に参加する福知山、綾部市内の中学、高校に通う生徒13人の壮行会を開いた。

1週間、3週間のコースがあり、現地の語学学校CNE1(井坂浩章共同代表)で、マンツーマン指導で英語を学び、海水浴やバーベキューなどのアクティビティーや現地学生との交流を楽しむ。

壮行会では井坂共同代表らが「英語を通じてコミュニケーションを取ることで価値観や視野を広げることができる。失敗やトラブルも含めたくさんの経験をして、五感で感じ、教科書では学べない英語を楽しんでほしい」などと激励した。

CNE1は、フィリピン人、韓国人、ロシア人、日本人各1名の共同経営者4人の夢から生まれた語学学校で、福知山から語学留学に出発するのは今回で5回目。今後も福知山国際交流協会、福知山成美高校の協力を得て、留学活動を計画している。

★IMG_6212

★IMG_6209

☆IMG_6237

☆IMG_6231

☆IMG_6211

▼現地でのアクティビティの様子
☆Culture-class---闌カ驕・12472501_298511153834747_5730201128480866972_n

☆Culture-class---縺ゅd縺ィ繧・IMG_0987

☆Culture-class---縺ゅd縺ィ繧・IMG_0984

☆Culture☆-class---縺ゅd縺ィ繧・IMG_0974



最新記事