結成28年 爽やかな歌声届けたい

福知山市を中心に中丹地域で活動する合唱団セレーノ・ヴォーチェが福知山市内記のハピネスふくちやまで夏のコンサートを開いた。
訪れた約250人の観客の前で、全18曲を歌いあげた。「雨のち晴レルヤ」ではステージ上でビニール傘を広げ、「365日の紙飛行機」では会場にたくさんの紙飛行機を飛ばすなど、趣向を凝らした演出で観客を楽しませた。

同団体は結成28年。2年ごとに定期公演を開いており、次回は結成30周年記念のコンサートになる予定だ。

D7N_5814.jpg

P1030757.jpg

P1030786.jpg

P1030805.jpg

P1030806.jpg

P1030832.jpg



最新記事