過ぎゆく夏 若手が中心にイベント 

『音の和、人の輪、自然との和』をテーマに、第24回やくの高原まつり(同実行委員会主催)が福知山市夜久野町平野の道の駅、農匠の郷やくので開かれ、延べ1万5千人が訪れた。

各種団体のダンスや踊り、和太鼓のステージ発表をはじめ、模擬店、スイカ割り、ミニトレイン乗車コーナーなどがあり、来場者たちは過ぎゆく夏を大いに楽しんだ。

実行委員会内に設けた後継者を育成する「企楽部(44人)」が中心となり、早くから準備を進め、ステージイベントの司会も同メンバーである高校生3人が務め、会場を盛り上げた。

☆IMG_9728

☆IMG_9737

☆IMG_9739

☆IMG_9744

☆IMG_9747

☆IMG_9749

☆IMG_9750

☆IMG_9752

☆IMG_9756

☆IMG_9762

☆IMG_9780

☆IMG_9785

☆IMG_9787

☆IMG_9790

☆IMG_9795

☆IMG_9798

☆IMG_9799

DSC_0736.jpg

DSC_0504.jpg

DSC_0166_20160907140446713.jpg

DSC_0157.jpg

DSC_0170.jpg



最新記事