入院患者もジャズを満喫

9月に新病院での診療が始まった京都ルネス病院(福知山市末広町/冨士原正人 理事長)の待合ホールでオープンを記念したジャズコンサートが開かれた。

日本を代表するジャズ・ピアニストの山本剛さんと、香川裕史さん、大隅寿男さんとのトリオが出演。車椅子などで訪れる入院患者も会場に入りやすいよう配慮し、一般患者、地域住民、職員ら約120人が新病院のホールで軽快なジャズナンバーに酔いしれた。

開演のあいさつで冨士原理事長は「山本さんは私が学生時代からよく聴いていた超一流のピアニスト。病院内でコンサートを開催することができてうれしい」などと話した。

☆DSC_7918

☆DSC_7921

☆DSC_7936

☆DSC_7947

☆DSC_7990

☆DSC_7999



最新記事