看護師への決意新たに、1月から病院実習

福知山市岡ノ二町の福知山医師会看護高等専修学校(井土昇校長)で第38回生戴帽式が開かれた。
看護師を目指し、ふさわしいと認められた今春入学の学生28人(男子6人、女子22人)が看護師のシンボルであるナースキャップを受け取った。学生たちは手にしたキャンドルを前に、看護の道に進む決意を新たにし、1月から市内の病院で実習に取り組む。

☆IMG_2224

☆IMG_2227

☆IMG_2231

☆IMG_2233

☆IMG_2238

☆IMG_2239

☆IMG_2248

☆IMG_2265

☆IMG_2275

☆IMG_2278

☆IMG_2286

☆IMG_2290



最新記事