いらっしゃいませ。高校生が主役の物産市

高校生が運営する物産市「TANTAN見本市」がJR福知山駅コンコース周辺で開かれた。今回で5回目。
丹後、丹波地域で専門学科を設置する府立高校12校(大江高校、工業高校、福知山三和分校、綾部高校由良川キャンパス、中丹支援学校他)が物産品を販売。府北部の特産品販売もあり、計150人の高校生らが声を張り上げ接客をした。

大根や白菜などの農産物、加工食品、スイーツ、花などの販売他、電子工作体験、似顔絵コーナーなどさまざまなブースがあり家族連れの姿も目立った。野菜の高騰もあり、市場価格より安い農産物販売ブースにはイベント開始前から長い行列ができ、すぐに完売した。

主催した大江高校の田中重春 副校長は、「このイベントではプロデュースする力を養い、他校の生徒とも交流できるいい機会。自らお客さんに販売することで、接客やコミュニケーションを学ぶことができます」と話していた。

☆DSC_0257

☆DSC_0159

☆DSC_0151

☆DSC_0168

☆DSC_0172

☆DSC_0175

☆DSC_0189

☆DSC_0192

☆DSC_0198

☆DSC_0203

☆DSC_0223

☆DSC_0224

☆DSC_0229

☆DSC_0244

☆DSC_0246

☆DSC_0254



最新記事