女性観光客向け 外国人の利用も見込む

 福知山市末広町に元旅館を改装したゲストハウス「ノース フロント ホステル」が開業した。3月17日にはSNSで情報を知ったという客から予約が入っており、いよいよ本格的なスタートを切る。

駅正面通りとその周辺エリアの活性化を目的に2015年12月、地元有志らで立ち上げた福知山フロント株式会社(秋山保彦社長)の事業第1弾として昨年10月に着工。同社で事業開発を担当する岸本道徳さん(40)経営の「有限会社HEADFOOT」が運営する。

ゲストハウスは3階建てでシングル11室、ツイン3室。階層ごとにカリフォルニア、ニューヨーク、オールドアメリカンとコンセプトを変え、アメリカンテイストのインテリアや雰囲気を楽しむことができる。岸本さん自身が壁にアメリカ地図やロゴを描いた部屋もあり、ゆったりくつろげるロービーには手作りしたテーブルも設置。女性好みのおしゃれな内装に仕上げた。

岸本さんは「本業のファッションとホテル業の融合がテーマの1つ。接客業で培ったノウハウをいかし、お客さんをカジュアルにもてなす宿泊施設にしたい。ゆくゆくはロビーでバーをしたり、宿泊客でたこやきパーティや流しそうめんなどを楽しむイベントも企画したい」と話している。

北近畿の玄関口になって欲しいと名付けた「ノースフロントホステル」。台湾からの観光客に向けSNSを使ったPRも予定しており、インバウンド需要も見込んでいる。

素泊まり シングル4500円、ツイン6000~6500円。
詳細はこちら

IMG_6518.jpg
福知山駅北口から徒歩約1分。京都銀行福知山支店前にある「NORTH FRONT HOSTEL」

☆DSC_9214

☆DSC_9218

☆DSC_9224

☆DSC_9228

☆DSC_9238

☆DSC_9239

☆DSC_9246

☆DSC_9252

☆DSC_9256

☆DSC_9263

☆DSC_9268




最新記事