集落にまぶしい黄色!スイセンのじゅうたん

過疎、高齢化が進む福知山市夜久野町金尾地区(現在15世帯)で、有志らでつくる「金尾に花を咲かせようの会」が植えたスイセンが見頃を迎えている。
地元を元気にしようと、6年ほど前から使われていない棚田に2万個の球根を植えている。色鮮やかな黄色や白の花弁が棚田9枚、約2.7ヘクタールを埋め尽くすように咲いている。
同地区の自治会長、湯口修さん(72)は「たくさんの人に見てもらい、集落が賑わったら」と期待している。見ごろは4月25日頃まで。

★IMG_1275

★IMG_1278eight="300" />

★IMG_1281

★IMG_1290

★IMG_1303

★IMG_1313



最新記事