わくわくドキドキ プロの指導

福知山市和久市の市民球場で読売巨人軍のOB選手による「さわやか野球教室」が開かれた。読売センター福知山が主催し、市内の学童野球チームの選手125人が参加した。

指導したのは、篠塚 和典(利夫)さんと水野雄仁さんの2人。
内野手だった篠塚さんは捕球後、いかに早く投げるかのポイントなどをアドバイス、投手として活躍した水野さんはキャッチボールの時の軸足の使い方などを指導し、子どもたちは真剣な表情で耳を傾けていた。

☆DSC_5266

☆DSC_5274

☆DSC_5291

☆DSC_5304

☆DSC_5312

☆DSC_5324

☆DSC_5334

☆DSC_5359

☆DSC_5369

☆DSC_5475




最新記事