泥だらけの熱戦!

福知山市戸田の水田で、「第3回たんぼラグビーin京都・福知山」(府ラグビーフットボール協会など主催)が開かれた。
1チームのプレイヤー4人、1試合5分で、誰もが気軽にできる簡単なルールを適応。昨年の倍近い43チーム(301人)が参加し、3面のコートで、幼児から大人まで全身泥だらけになってゲームを楽しんだ。

主催メンバーの長手信行さんは「今大会へのエントリーも大幅に増えましたが、関東や九州でも同様の大会が開かれるなど、イベント自体が広まりつつあります。発祥の地として、さらに盛り上げたい」と話していた。

田んぼには子どもの遊具用にゴムボートも用意され、周辺では多くの見物客やカメラマンらが試合を見守っていた。


★DSC_6188

★DSC_6193

★DSC_6213

★DSC_6220

★DSC_6229

★DSC_6246

★DSC_6247

★DSC_6249

★DSC_6251

★DSC_6258

★DSC_6261

★DSC_6264

★DSC_6271

★DSC_6277

★DSC_6286

★DSC_6289

★DSC_6296

★DSC_6301



最新記事