手作り作品のあたたかさ ものづくりの魅力体験

福知山市昭和新町の障害福祉サービス事業所「ちくもう」(芦田ふゆ子施設長)で、7月8、9の両日、手作り品などを販売する「夏だけ!!ちくもうマルシェ」が開かれた。来場者には同施設の利用者による手作り製品が当たるくじびきもあり、会場内には手すきのポストカードやカバン、アクセサリーなどが並んだ。また、手織り布を使った季節のフレームやうちわを作るワークショップも人気を集めた。

外部の作家による陶芸やフェルト作品などの販売もあり、福知山淑徳高校インターアクトクラブはブースでオリジナル缶バッジ作りも行った。午後からは合唱団セレーノ・ヴォーチェによるミニコンサートも開かれ、来場者は楽しいひとときを過ごしていた。

★DSC_0149

★DSC_0151

★DSC_0163

★DSC_0165

★DSC_0166

★DSC_0238

★DSC_0242

★DSC_0173

★DSC_0187

★DSC_0189

★DSC_0202



最新記事