泥まみれの熱戦!

結成35周年を迎えた福知山市夜久野町の「居母山(いもやま)クラブ(飯尾恒洋会長)」が 大岶の休耕田で泥んこドッジボールの大会を開いた。今や夜久野の夏の風物詩となったイベントに、地元はもちろん、愛知や大阪など遠方からのエントリーもあり、14チーム(8人1チーム)が参戦。8分間、ボール2個使用の1回勝負トーナメント方式で試合が行われた。
猛暑の中、子どもも大人も頭から足の先まで泥だらけになりながら大はしゃぎ。地元産のお米や野菜が賞品として贈られた。
午後からは、夏まつりも開かれた。

★IMG_8297

★IMG_8327

★IMG_8335

★IMG_8342

★IMG_8379

★IMG_8383

★IMG_8394

★IMG_8399



最新記事