優勝は、大正ビクトリーA

第41回全福知山学童野球大会の決勝が市営球場であり、大正ビクトリーAが惇明ホークスを延長の末に6-3で降し、優勝を決めた。

大正ビクトリーは、昨秋の新人戦から、市野球協会主催の4大会で全て優勝。

閉会式で、市野球協会の西山寛会長は、「きびきびとした素晴らしい優勝戦。日頃きたえた力を精一杯発揮し、両チームよく戦った。今大会は、引き分けや1点差の試合も多く、(福知山市の)学童野球のレベルが向上したように思う」と話し、大会を締めくくった。

両チームは8月19日から宮津市で開かれる佐川急便旗大会に福知山代表として出場する。

☆DSC_0001

☆DSC_0002

☆DSC_0022

☆DSC_0045

☆DSC_0091

☆DSC_0081

☆DSC_0100

☆DSC_0112

☆DSC_0057

☆DSC_0061

☆DSC_0073

☆DSC_0126

☆DSC_0128

☆DSC_0136

☆DSC_0163

★DSC_0230

★DSC_0273



最新記事