芦田拓也さん NHK邦楽オーディション合格
7/30 NHK-FM「邦楽のひととき」で放送


福知山市荒河の箏教室、教師の芦田拓也さん(30)が昨秋、NHK邦楽オーディションに合格。7月30日に合格記念演奏がFMラジオで放送される。

同オーディションは日本の伝統的な古典音楽である謡曲、箏曲、地唄、尺八などの高度な演奏技術を持っている人を対象にNHKが年2回実施。合格すると、FMで演奏が全国放送され、プロへの登竜門となり、本人の力量を表す経歴の1つにもなるという。

芦田さんは箏教師の母のもと幼少期から邦楽に親しんで育った。22歳の時、現在の師である岡田潤子氏が演奏する現代曲「百花譜」を聴き衝撃を受け、本格的に練習を始めた。1日8~10時間の練習を積み、現代曲「斜影」で2016年8月、教師に合格。出場したコンクールで音色が古典に向いているとのアドバイスを受け、稽古に励み、古典作品の八橋検校作曲の「みだれ」でNHK邦楽オーディションに初チャレンジし、見事合格した。

芦田さんは「今後は邦楽の良さを伝え、子どものための邦楽普及の活動や指導にあたり、自身のリサイタルも開きたい」と話している。

放送は、NHK-FM、7月30日(月)午前11時20分~11時50分、再放送は31日(火)午前5時20分~ 5時50分。
詳細はこちら

18.jpg

☆IMG_8158

☆IMG_8165





最新記事