京都から多彩な文化・芸術を世界に発信
福知山に京都を代表する芸術家約100人の作品が集結

東京2020オリンピック・パラリンピックに向け、京都府全体で文化・芸術を盛り上げていくことを目的に、9月22日から30日まで(※)、福知山市内で美術工芸展「KYOTO・アート6-芸術めぐり-」が開かれる。京都府と京都文化力プロジェクト実行委員会が主催する。
(※)会場により会期が違うので要注意

市佐藤太清記念美術館市丹波生活衣館市民交流プラザふくちやまの3会場で“いけばな”、“工芸”、“写真”、“書”、“彫刻”、“日本画”の芸術6分野において、京都を代表する芸術家約100人の作品を展示。各分野で、ワークショップや教室(要予約)を実施し、展示解説(申し込み不要)も予定している。会期中は各施設無休で午前9時~午後5時開館。入館無料。

担当者は「工芸・日本画など芸術6分野で、第一線で活躍するレベルの高い芸術家の作品が一堂に鑑賞できるまたとない機会です。たくさんの方々に見に来ていただきたいですね」とコメントしている。

問い合わせは、京都府文化スポーツ部 文化芸術課(075-414-4221)まで

京都文化力プロジェクト
http://culture-project.kyoto/

日本画
日本画

彫刻
彫刻

書


写真
写真

工芸
工芸

いけばな
いけばな



最新記事