4月13日、光秀ソング
「水色桔梗は勇気の証」発表!!



4月13、14日に開かれる「第32回 福知山お城まつり」で明智光秀をテーマにした楽曲「水色桔梗は勇気の証」が初披露される。
明智光秀が大河ドラマ「麒麟がくる」の主役に決定したことを受け、昨年末、福知山お城まつり実行委員会が光秀にちなんだテーマ曲の制作を企画。福知山市みどりの親善大使として活躍するキャラクター、ゴーヤ先生がお城まつりに何度か出演している旧知のシンガーソングライター、石田洋介さん(48)=東京都在住=に依頼した。

石田さんはバンド活動を経て2001年よりソロ活動し、様々なアーティストと交流を持ち、多くの作品、ツアーに参加。最近ではご当地キャラクターのテーマソングなどを作編曲し各地のイベントに出演するなど、精力的に活動している。
今回、曲を聞いただけで光秀の人となりが分かるような楽曲をというリクエストを受け、石田さんは明智光秀に関する文献などを調べ上げた。広小路の光秀おじさんこと、吉田博さん(68)が歌詞のチェックなどに協力。仕上がったデモを聞き、吉田さんは「歌詞には史実と異なる部分もありますが、光秀公への思いが込められていて感激です」とコメントした。

石田さんは「お城まつりで御霊公園には何度も来ていますが、実はこの話があるまで明智光秀との関係は全く知りませんでした。世間では裏切り者のという評価ですが、慕い続けている福知山の皆さんは人情に厚いですね。今回、ノリノリの勇ましい感じにアレンジさせていただきました。曲に親しんでもらいたい育てて頂けたらうれしい」と話している。
ゴーヤ先生のイベントなどを担当している福知山環境会議、副代表の土田真奈見さん(43)は「ジャケットのイメージも曲も想像以上の出来栄え。光秀のことを知らなかった石田さんだからこそ、光秀を知らない若者たちにも伝える力があるはず」と地元の盛り上がりに期待している。

楽曲は13日、御霊公園、及び厚生会館で開かれるミニライブで披露され、同日、広小路で開かれる約40のご当地キャラクターが東西に分かれて対戦する合戦ゲームのテーマソングとしても使用される。

石田洋介
「水色桔梗は勇気の証」を作詞・作曲をした
石田洋介さん

CD.jpg
CDジャケットのイラストはゴーヤ先生が担当した

oshigoto300px.jpg



ゴーヤ先生本人がデザインしたLINEスタンプ発売中!

ファンの方にアンケートを実施してそのリクエストを元に、ゴーヤ先生本人がデザイン。
今回のLINEスタンプの売り上げはすべて福知山お城まつりのために使用する。
https://line.me/S/sticker/7016248

stamp2.jpg




最新記事