創立45周年  昭和から平成、そして令和へ 児童たちの歌声届ける

ふくちやま児童合唱団の発表会が福知山市駅前町の市民交流プラザふくちやまで開かれた。
同合唱団は、「歌を通して、情操豊かな心を育てよう」と市内の小学生を対象に1974年9月に発足、市合唱祭や市成人式にも参加し、毎年3月には発表会を行っている。
今回は団員19人が参加し、1年間の練習の成果を3つのステージに分けて披露し、観客に元気な歌声を届けた。

前田竹司団長は「この45年間で卒団生は600人近くになりました。今回は6年生6人が卒団しましたが、新年度からは中学生も参加対象になりますので、引き続き参加してくれます。小学1年から中学3年までの歌の好きなお友達の参加をお待ちしています」と話している。

1553467959463.jpg

1553467937994.jpg



最新記事