2020年春、全国で一勝目指す!

福知山市立大江中学校の女子卓球部が12月8日、京都市内で開かれた「第27回京都府中学校団体選手権大会」で初優勝し、全国大会出場を決めた。

現在の部員は2年生11人、1年生5人。もともと3年生はおらず、昨年も同じメンバーで大会に出場し3位。中丹地域ではだんとつの実力を誇る同校も京都市内の強豪校にはなかなか勝てず、全国出場を目標に練習に励んできた。

大会には府内の30校が出場。シングルス2試合、ダブルス1試合、シングルス2試合の流れで、先に3勝したチームが勝利。伏見中と対戦した決勝は接戦となり、最後は主将の丸尾咲楽さんが試合を決め、選手たちは涙を流して優勝を喜んだ。

約5年前から同校の外部コーチとして指導に関わる大槻富美子さん(69)は「小学校の低学年のころから地元のクラブチームなどで腕を磨き続けた選手が多く、粒がそろっています。長年の夢を叶えることができました」と部員の活躍に目を細める。

全国大会は3月28、29日、愛知県内で開催される。部員たちは「チームで力を合わせて、全国で一勝をあげたい」と意気込んでいる。

☆大江中



最新記事