集中力と瞬発力で熱戦

第9回福知山百人一首かるた大会(公益社団法人 福知山市文化協会主催)が同市猪崎の市武道館で開催された。
小学生から一般までがエントリーし、3試合の取り札の合計で順位を決定する「ちらし取りの部」に34人、1対1で対戦する「チャレンジの部」には28人が参加。集中力と瞬発力で札を取り合い、熱戦を繰り広げた。

ちらし取りの部では、丹波市立竹田小4年の田中心遥さんが優勝、修斉小5年の麻野千夏さんが準優勝。チャレンジの部(競技かるた)では、成和中1年の足立善都さんが3位入賞した。

大津あきのた会所属の小倉百人一首競技かるたクイーンの本多恭子さんら協会有段者を招待し、華やかな模範試合もあった。

☆DSC_0764

☆DSC_0828

☆DSC_0930

☆DSC_0879

☆DSC_0897

☆DSC_0913

☆DSC_0797



最新記事