今にも動き出しそうな迫力

下荒河の蓮正寺(福山恵純住職)に流木で作った龍が寄贈された。
製作者は近くに住む福山公夫さん(74)で、20年ほど前から干支の動物を作り、
菩提寺である同寺に毎年贈っている。

☆IMG_3836

☆IMG_3837

☆IMG_3842
今回は流木を組み合わせ、牙や背中のヒレを付けたり、口元や細かい所は彫刻
したりして仕上げた。

☆IMG_3849
長さは約2m程で、今にも天に昇る迫力満点の龍は、同寺本堂の玄関に飾られ、
年頭のあいさつに来る人たちを出迎える。

☆IMG_3844
展示は、1月5日頃までを予定している。



最新記事