第40回 全福知山学童野球大会
栄光を目指して、福知山学童の甲子園始まる


福知山学童野球の甲子園といわれる全福知山学童野球大会が25日、福知山市和久市の福知山市民球場で始まった。今回で40回目で、同時にスコアボード電光掲示化が完成した記念大会。市内の学童野球25チームが参加し、頂点を目指す。

開会式では、全チームが元気よく入場行進し、細見フェニックス(三和町)の藤田幸永主将が選手宣誓。
「両親への感謝の気持ちを忘れずに、共に厳しい練習を頑張ってきたチームメイトの思いを1つにし、1球1球全力で戦います」と力強く誓った。

開会式の後は4試合が行われ、新しくなったスコアボードが選手たちの熱戦を伝えた。



開会式の様子(スライドショー)はこちら


1_20100725203651.jpg
元気よく選手宣誓

2_20100725203650.jpg

3_20100725203649.jpg

4_20100725203649.jpg

5_20100725203648.jpg

6_20100725203648.jpg
昨年大会に出場した中学生も後輩たちの応援に駆け付けた

7_20100725203659.jpg
目が離せないシーソーゲームは、抽選で決着がついた




最新記事