バザーで施設利用者と来場者が交流

第3回中丹福祉バザーが、福知山市昭和新町の府立中丹勤労者福祉会館で開かれた。同会館を運営するジェイアール西日本メンテックが主催。

市内の6福祉施設(ちくもう、大江作業所、ふきのとう作業所、ききょうの杜、福知山共同作業所、しあわせネット・勇気)の利用者たちが作った自主製品の展示販売と日々の活動のパネル展示をした。バザー会場には、農産物、手作りパンや菓子、手芸品などが並び、施設利用者たちが店番をして来場者と交流した。

☆IMG_0378

☆IMG_0392

☆IMG_0400

☆IMG_0402

☆IMG_0410

☆IMG_0414





最新記事