市街地商店街でひな人形めぐり

福知山の市街地商店街などに展示したひな人形を見てまわる「雛荒しウォーク」が開かれ、大阪から来福した男性を含む14人が参加した。城下町を考える会(大谷勇代表)主催。4月8日まで開かれているイベント「第10回ふくちの春は雛荒し」の一環。

参加者たちは広小路通り、新町通り、アオイ通りの店舗などに展示された明治や大正時代の歴史のある人形や、手作りのものなどさまざまなひな人形を鑑賞して歩いた。

☆IMG_3677

☆IMG_3683

☆IMG_3692

☆IMG_3711

☆IMG_3716

☆IMG_3722



最新記事