みかんの木文庫のお楽しみ会&バザール2年ぶりに再開

福知山市かしの木台の家庭文庫、みかんの木文庫が近くの集会所で、春の恒例行事だったお楽しみ会とバザールを2年ぶりに開いた。同文庫は、仲野恵子さんが自宅で運営してきた文庫で、仲野さんの転居後も近所のお母さん仲間たちの手で運営が継続されていた。

バザール再開に向けて、文庫メンバーの夫たちが手作りおもちゃを考え、試作したりするなど協力。当日、会場では、手作りおもちゃコーナーの他、日用品の販売や紙芝居、絵本の読み聞かせなどもあり、地域の子どもたちやその保護者らが楽しい時間を過ごしていた。

☆IMG_3858

☆IMG_3782

☆IMG_3636

☆IMG_3654

☆IMG_3675

☆IMG_3699

☆IMG_3723

☆IMG_3763





最新記事