550年の風感じるいけばな

池坊福知山支部(伊東知代支部長)が花展「いけばな 悠久の時をきざむ」を5月27、28の両日、福知山市篠尾新町のサンプラザ万助で開いている。

池坊の名が歴史上の書物に登場して550年を記念した花展で、支部に所属する華道教授者らが約40作品を出瓶。刻まれた歴史を感じる古典作品を中心に、現代のカラフルで新しい発想の作品まで、レベルの高い作品が並んでいる。

伊東支部長は「550年間で社会が移り変わっても、現代に受け継がれるいけばなは素晴らしい。多彩な池坊の魅力を感じてください」と来場を呼び掛けている。

27日は午後7時まで。28日は午前10時から午後6時まで。入場無料。



★DSC_0003

★DSC_0010

★DSC_0020

★DSC_0023

★DSC_0032

★DSC_0053

★DSC_0063

★DSC_0098

★DSC_0114

★DSC_0124



最新記事